本文へジャンプ
SolidWorks
Web販売
Blog
Others
Link
Last update  2009.11.21
since 2009.11.21
動画で覚えるSolidWorks
トップダウン設計で必要な操作方法

トップダウン設計を行う際に必要となる操作を動画で解説 

 楽しく↓↓↓↓↓↓↓↓をモデリングします
題材1:キッチンタイマー 題材2:ピストン・クランク機構

 この教材は、タイトルにあるように「トップダウン設計で必要となる操作方法」を説明したものであり、「トップダウン設計の手法自体」を説明したものではありません。

 トップダウン設計とは、はじめに製品全体の大枠を決め,それに沿って各部の詳細を作り上げていく設計手法です。
 いわゆる構想設計を行ってから各部の詳細設計を進めていくというやり方で、手描き、2次元CAD、3次元CADを問わず、開発現場では、従来から普通に行われている手法です。

 この設計手法は、本やマニュアルで覚えるものではなく、経験によって身に付き磨かれていくものです。
 設計初心者が、最初は部品のバラシを行い、次に部品の設計、次に小さなユニット設計、大きなユニット設計、そして最後に全体の構想設計というように段階的に経験を積んで身に付けていきます。

 このように、トップダウン設計の手法は、机上の勉強で身に付けるものではないのですが、CADを使ってトップダウン設計を実現しようとすると、実現するために知っておかなければならない操作というものが、いくつも出て来ます。

 例えば、2次元CADであれば、レイヤー操作を知らないと、効率的にトップダウン設計を行うことができません。

 同様に3次元CADにおいても、トップダウン設計を行うために、知っておかなければならない操作がいくつもあります。

 しかし残念なことに、この操作方法を解説した書籍は、ほとんど見当たりません。
 
 そこで、このような書籍がないことに不便を感じている人のために「トップダウン設計を行うために、知っておかなければならない操作」を容易にマスターできるよう、動画で分かり易く説明した本教材をリリースいたしました。

 対象としている読者は、2次元CADやドラフターから3次元CADに乗り換えられ、部品を作ってからアセンブリを組み立てるというボトムアップの解説書に辟易している設計経験者です。
 トップダウン設計の手法が既に身に付いている設計経験者であれば、これらの操作さえ覚えれば、「3次元CADが設計ツールとして使えるものだ」ということを直ぐに実感できるようになります。

 また、3次元CADを始められ間もない設計経験の浅い人にも、将来的には是非マスターしてほしいスキルですので、 SolidWorksの基本操作を理解していれば、本教材は、お勧めです。

コンテンツの具体的内容
A.動画+画像による説明(35チャプタ)
1.トップダウン設計とは?
 @ボトムアップ設計とトップダウン設計
2.他の部品を参照してモデリングする(題材:キッチンタイマー)
 @アセンブリツールバーの設定
 A練習用データのダウンロード
  B他部品の穴を参照(外部参照)して押し出しボスを作成する
 C外部参照して押し出しカットを作成する
 D外部参照して押し出しボスを作成する
 Eアセンブリ内で新規部品を作成する
 F新規部品の原点の位置と表示方向
 Gアセンブリの原点に合わせて新規部品を作成する
 H新規部品リアカバーを作成する
3.参照関係の取り扱い(題材:キッチンタイマー)
 @変更内容の反映
 A外部参照をロックする
 B外部参照をブレークする
 Cフィーチャーを編集して外部参照を削除する
4.アセンブリスケッチを使ってモデリングする(題材:ピストン・クランク機構)
 @完成形状と設計意図の確認
 Aアセンブリに構想をスケッチする  その1 - 基本レイアウト
 B寸法拘束と幾何拘束により設計意図を定義する
 C寸法に名前を付ける
 D関係式を使って設計意図を定義する
 Eアセンブリに構想をスケッチする  その2 - 平面図
 Fアセンブリに構想をスケッチする  その3 - 側面図
 G側面図に設計意図を定義する
 H関係式、寸法リンクを使って設計意図を定義する
 Iアセンブリに構想をスケッチする  その4 - 正面図
 J新規部品「ベース」をアセンブリ内で作成する
 K新規部品「クランク」を別ファイルとして作成する
 L「クランク」をアセンブリに挿入する
 M新規部品「ロッド」を別ファイルとして作成する
 N「ロッド」をアセンブリに挿入する
 O新規部品「ピン」を別ファイルとして作成する
 P「ピン」をアセンブリに挿入する
 Q新規部品「ピストン」を別ファイルとして作成する
 R「ピストン」をアセンブリに挿入する
 Sパラメトリック変形を行う
 Sアニメーションの作成

教材ページのイメージ

動画(小画面)サンプル


B.SolidWorksデータ(16ファイル)
 @部品データ(14ファイル)
 Aアセンブリデータ(2ファイル)

 *動画は、SolidWorks2009で作成しています。
 *CADデータは、SolidWorks2005以降のVer.で開くことができます。

商品名
  Web閲覧版
  動画で覚えるSolidWorks
  トップダウン設計で必要な操作方法

 *本商品は、Web閲覧版のみの販売となっております。

価格
   \10,000(消費税込み)

  閲覧期間の延長
   \6,000(消費税込み)

 ※価格、閲覧期間でお得な「プレミアムセット」のページもご覧下さい。
 ※教育機関にて使用される方は、ご連絡下さい。別途、価格をお知らせいたします。

閲覧可能期間
   閲覧できる期間は、300日です。
   閲覧延長期間も、300日です。

   ※SolidWorksの操作に関しての質問は受け付けておりませんのでご了承下さい。

ご注文方法
 1.ご購入を希望される方は、お名前(振込名義人)、購入したい商品名及び新商品告知メール送付の要・不要を記入の上、メール、若しくはメールフォームにてご連絡下さい。

   お申し込みメールフォーム

 2.メール受領後、振込先の銀行を連絡しますので、代金をお振込下さい。
  (銀行振込手数料はご負担願います)
 3.入金確認後、Web会員ページにログインするためのログインID、パスワードをメール送信いたします。

返品
  商品の性質上、キャンセルは行えないものとします。
  ※サンプルページにて動作確認のうえ(動画閲覧が可能かか)お申し込みください。


  ※SolidWorks(ソリッドワークス)は、米SolidWorks社の登録商標です。


特定商取引に関する表示       個人情報保護方針