12. フレームのモデリング



本チャプタの学習内容

1.矩形(長方形)をスケッチする。
2.中点拘束を付ける。
4.寸法拘束を付ける。
4.円をスケッチする。
5.鉛直拘束を付ける。
6.押し出しボスの作成。
7.フィレットを施す。
8.部品ファイルを保存する。
1) 新規部品ファイルを開きます。

図12-1

2) 正面を選択します。

図12-2

3) スケッチを選択します。

図12-3

4) 矩形を選択します。

図12-4

5) カーソルを斜めに移動させて矩形をスケッチします。

図12-5

6) 選択を選択します。

図12-6

7) 幾何拘束の追加を選択します。

図12-7

8) 矩形の底辺と原点を選択し中点拘束をつけます。

図12-8

9) 中点をクリックします。

図12-9

10) スマート寸法を選択します。

図12-10

11) 下辺を選択し、任意の位置をクリックします。
     テキストウィンドウが開きます。

図12-11

12) 40を入力してEnterキーを押します。

図12-12

13) 左辺を選択し、任意の位置をクリックします。
     テキストウィンドウが開きます。

図12-13

14) 50を入力してEnterキーを押します。

図12-14

15) 円を選択します。

図12-15

16) 円をスケッチし、選択を選択します。

図12-16

17) 幾何拘束の追加を選択します。

図12-17

18) 原点と円の中心を選択し鉛直拘束をつけます。。

図12-18

19) 鉛直をクリックします。

図12-19

20) スマート寸法を選択します。

図12-20

21) 底辺と円を選択し、任意の位置をクリックします。
     テキストウィンドウが開きます。

図12-21

22) 35を入力してEnterキーを押します。

図12-22

23) 円を選択し、任意の位置をクリックします。
     テキストウィンドウが開きます。

図12-23

24) 4を入力してEnterキーを押します。

図12-24

25) 押し出しボス/ベースをクリックします。

図12-25

26) 5を入力してEnterキーを押します。

図12-26

27) OKボタンをクリックします。

図12-27

28) 等角投影を選択します。

図12-28

29) フィレットをクリックします。

図12-29

30) 3を入力してEnterキーを押します。

図12-30

31) 2つのエッジを選択後、OKボタンをクリックします。

図12-31

32) 保存をクリックします。

図12-32

33) 指定保存ダイアログが開きます。

図12-33

34) ファイル名を“フレーム”にします。

図12-34

35) 保存をクリックします。

図12-35


動画を新ウィンドウで見る

動画をポップアップウィンドウで見る




(C)Copyright:2007 テクノD&S